インプラント治療とは

MENU

インプラント治療とは

虫歯や歯周病・予期せぬ事故などで歯を失ってしまうことは誰にでもあることです。
歯を失うと物が噛めなくなり、
食べられる食物の種類が制限されて柔らかい物ばかり食べるようになってしまいます。
そうした食生活を続けていると歯茎や顎の骨などが変形してしまうだけではなく、
健康を維持することも困難になります。
そうしたことにならないように歯を失った部分の頤骨に
チタンやセラミックなどが素材の3パーツ構造の歯を埋め込み、
元の歯に近い機能を取り戻す歯科で行われている治療法が「インプラント治療」です。

 

歯を失った部分の機能を回復させる歯の治療法としては、
現在でもブリッジ・入れ歯・差し歯などの治療法が主流といえます。
しかし元の歯と同様な審美性・噛み心地・強さを得られるとして、
最近ではインプラント治療を受ける人が急激に増加しています。
この西新宿のインプラントを得意とする歯医者さんでもその評判を聞きつけ、インプラントの治療が増えている様です。

 

インプラント治療で使用するフィクスチャー(頤骨に埋入するインプラント体)の素材としては、
金・サファイア・鉄・ステンレス・アルミニウムなどさまざまなものが用いられてきました。
それが近年のように純チタンやチタン合金が使われるようになったのは、
1952年にスウェーデンのペル・イングヴァール・ブローネマルク教授が、
チタンと骨組織は特殊な方法で結合することを発見してそれに
オッセオインテグレーションと名付けて以降のことです。
なお同教授が動物実験を経て、
人間へのインプラント治療の臨床応用をスタートしたのは1965年からのことです。

 

インプラント治療の歴史は50年足らずしかありませんが高い評価と支持を得ており、
インプラント治療は「再生治療」と呼ばれるレベルにまで進化してきました。