インプラント矯正のメリットとデメリット

MENU

インプラント矯正のメリットとデメリット

歯の矯正について考えている際に、インプラント矯正も考慮していますか?
インプラント矯正になると、通常の矯正よりも大掛かりな処置が必要となり、お金も時間もかかる・・・
そんなイメージがあるかもしれません。
しかし、実際のインプラント矯正とは、小さなインプラントを使用する事で、
矯正をより効果的に行う事が可能な方法なのです。
従来であれば、抜歯をして矯正治療を行っていたものが、
インプラント矯正によって、抜歯をせずに矯正治療を行う事が出来ます。
どこの歯科でもできるわけではなく、こちらのように腕の確かな歯科医院で受けることができる矯正です。

 

インプラント矯正のメリットは、インプラントを行う事で、
歯に効率的な力をかける事ができ、その分歯の移動距離が大きくなります。
また動かした歯が元に戻ってしまったり、動かしたくない歯が動く事がなく、
動かしたい歯だけを動かす事が可能です。
そのため、効率よく歯の矯正を行う事が出来るので、
インプラント矯正をする事で、矯正にかかる治療期間が短くなります。

 

歯の矯正でネックとなるのが、歯を固定する矯正器具です。
これが目立ってしまったり、歯磨きがしづらい、
話しにくい食べにくいなどの、日常生活の支障となってしまっていました。
ですが、インプラント矯正なら装置が小さいため、これらの症状もかなり改善されるはずです。

 

メリットの多いインプラント矯正ですが、デメリットが存在しないわけではありません。
デメリットは、通常のインプラントと異なり、
矯正用のインプラントは長期間使用するものではありません。
そのため、耐久性が低く、自然に早い段階で抜けてしまう事があります。
そして、歯の移動距離が長いため、
矯正用インプラントを入れた部分に歯が動いてくると、
歯根にインプラントが当たり、歯を傷つけてしまう事があります。
メリットとデメリットをよく理解した上で、
歯の矯正にインプラント矯正を利用するのかどうか判断して下さいね。