インプラントと医療費控除

MENU

インプラントと医療費控除

医療費控除とは1年間(その年の1月1日から12月31日)の自分や家族のための医療費を10万円以上(1年間の所得が200万円未満の場合は、
所得の5%を超えて)支払った場合に、200万円を上限に税金の一部が還付および減額されるものです。

 

医療費控除の申請は確定申告で行いますので税務署で申告書をもらうか
国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用して申告書を作成し、
領収書などの必要書類を添付して住所地管轄の税務署に届けます。
この申請手続きをすれば、「その年の所得税の一部が還付」され「翌年度の住民税が減額」されるのです。

 

インプラント治療で支払う治療費はほとんどのケースで10万円以上になることから、
確定申告によって医療費控除を受けられます
(インプラント治療が10万円未満でも、家族全員の1年間の医療費を加算して10万円以上あれば問題ありません)。
ただしインプラント治療であっても予防目的・審美目的・美容目的の治療に要した費用は医療費控除の対象外ですから、
注意しなければなりません。

 

インプラント治療で控除対象の医療費と認められている費用は2つあります。
1つは「インプラント治療の費用」で、治療を受けた医院に支払った
検査・診断・手術料、フィクスチャー・アバットメント・上部構造の費用などです。
他の1つは「通院のための交通費」で、
バスや電車など公共交通機関の料金や公共交通機関での通院が困難な場合のタクシー代などです。
ただしマイカー通院でのガソリン代や駐車料は対象外になります。

 

なお確定申告の際には領収書が必要ですが、
公共交通機関の交通費は日付と区間を記録したものでも認められます。
また医療費をローンなどで支払った場合でも医療費控除は適用されますし、
今年申告できなかった場合でも5年前までさかのぼって対応してくれますから、
来年申告すれば控除を受けられます。

 

神奈川でインプラント治療をお考えなら、新百合ヶ丘にあるC&Cデンタルオフィスをおすすめします。