骨が足りなくてもインプラントは可能?

MENU

骨が足りなくてもインプラントは可能?

インプラントとは、失った歯を人工歯によって補う治療法です。
非常に画期的な治療法ですが、インプラント治療を行えない人も少なくありませんでした。
その理由は、骨が不足しているためです。
インプラントとは、顎の骨にインプラントを埋め込む手術です。
そのため、その骨が少なすぎると、インプラントの土台を支える事が出来ないと判断されて、
インプラントの治療を受けたくても受ける事が従来は出来ませんでした。
しかし、今は技術が進歩し、足りない骨を作るグラフトと呼ばれる治療法が存在します。
骨の移植や骨造成によって、顎の骨の不足分を補い、インプラントの治療を可能にしたのです。
 

 

グラフトの種類はいくつかあり、GBRは、インプラントを埋め込む前に骨造成を行う方法と、
インプラントを埋め込む時に同時に行う方法があります。
「ボーングラフト」は、自分自身の骨を採取し、骨が足りない部分に貼り付ける方法です。
「ソケットリフト」は、上顎洞から歯の部分が不足している場合に、
人工骨や自分の骨を移植し、骨に厚みを出す方法です。
「サイナスリフト」は、上顎洞を覆っている粘膜に骨を増やし、
同時にインプラントも埋め込む方法です。

 

このように、骨が足りなくても、インプラントの治療は可能になるケースが増えているので、
以前ある歯科医院でインプラント出来ないと断られた経験がある人でも、
もう一度別の病院で相談してみると、違った結果が得られるかもしれません。
また、最近は骨が足りなくても、骨造成は行わないで、
インプラント治療は可能なブラフトレスな手術方法も存在します。