インプラント治療の1回法と2回法

MENU

インプラント治療の1回法と2回法

インプラント治療には、施術の回数によって「1回法」と「2回法」があります。
多くの歯科医院で採用されて現在主流になっていているのは、
2回の外科手術でインプラント治療を行う2回法です。

 

1回法では歯茎を切開する手術で、
アバットメントと一体になったフィクスチャー(インプラント体)を埋入します。
その際アバットメントの連結部分は歯肉の外に出したままで、
フィクスチャーと骨の結合をまつのです。
結合したら外に出しておいた部分に上部構造(人工歯)を取り付けます。

 

2回法では1回目の歯茎を切開する手術でフィクスチャーを顎の骨に埋入し、
切開した歯茎を一度閉じます。その後フィクスチャーと骨が結合するのを待ってから、
歯茎を切開する2回目の手術を行うのです。
そこでアバットメントをフィクスチャーに装着し、その上に上部構造を取り付けます。

 

1回法の特徴は歯茎を切開する外科手術が一度だけなので
「肉体的にも精神的にも患者の負担が軽いこと」と、
上部構造補綴物を取り付けるまでの工程が比較的簡単なことから「費用が比較的安いこと」です。

 

しかし歯茎を切開したままで閉じないことから、
「2回法より感染のリスクが高いこと」とフィクスチャーと顎の骨の「結合度が劣ること」といった弱点をもっています。
2回法の特徴は顎の骨や歯茎の状況や患者の抱える疾患などに関係なく「どのようなケースにも対応できること」と、
歯茎を切開した後に一度閉じることから「感染のリスクが低いこと」です。
しかし外科手術を二回行うことで「患者の肉体的にも精神的にも負担がかかること」と、
工程が複雑なので「費用が比較的高いこと」といった弱点をもっています。